泉南でジグ単アジングをする

アジここ最近は、前職の先輩を講師に迎え、泉南でジグ単のお勉強。

 

以前はドップりハマっていたアジングとメバリング。

あの頃からしばらく、すかっかり海に行かない日々。

 

そんなある日、前職の先輩に誘われ、ジグ単アジングをやりに泉南へ。

小さなアジをジグヘッド単体で釣る。

捕るのでは無く、釣る、この感じ。

竿、リール、ラインの選定から始まっているこの釣り。

サイズを問わず、繊細に釣ることの面白さ。

どこか、タナゴ釣りにも共通するこの感じ。

これって、面白い。

 

さて、そんなこんなでジグ単をやりに泉南へ通うのですが、9月の初めは、結構調子良く、小アジながら食いも好調。

泉南アジ0.5g前後のジグヘッドで飽きない程度に夜な夜な釣れ続ける感じ。

食いが止まると場所をずらしたり、棚、ワームカラーを変えたり。

考えて、アジャストし、繊細なアタリをとらえて釣る。

この釣りがおもしろい。

 

その後、先日の連休。

同じ、ポイントへ。

 

全く・・釣れません。

たま~に、プルッ・・とアタる程度。

 

餌のおじさんも「今日は、アカンな~。」

マズメ時には、大型のマイワシが回遊したそうですが、それきり・・。

 

それでも、ジグサイズを変え、棚を替え・・・

で、やっと豆アジがプルプルっと。

豆アジこの感じ・・。

1円玉タナゴ・・。

これを数匹釣ってこの日は撤収。

 

さて、この釣りをするとなぜか、タナゴを釣りに行きたくなる。

天候不順、酷暑の次は、連続の台風や雨で、なかなか、タナゴに行けない日々。

渓流も禁漁になった事なので、そろそろタナゴに行きたいな~。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です