大阪近郊管理釣り場の良型だけ好む毛鉤を紹介する

関西の大阪近郊の河川には、川を岩で仕切って堰き止め、区分けしたプールを連続して作り、家族やグループごとに、区画を割り当て、人数分の魚を放流する管理釣り場が結構あります。

河原でBBQもでき、その日一日はプライベートエリアとして遊べるのでアウトドアファンにも意外に人気がある様です。

 

そんな管理釣り場の代表格が大阪府・高槻市の「芥川鱒釣り場」さん。

釣りと言うよりレクリエーションで年に1~2度、仲間内や子供と遊びに行っております。

「芥川鱒釣り場」のwebsiteはこちら↓

http://www.pref.osaka.lg.jp/suisan/kawaturi/akutagawa.html
(料金改定の更新がされていない場合もあります、気になる方は直接、漁協さんへご確認下さい。)

そんな、システムの管理釣り場ですが、各区画内に数匹、結構な大物や良型が事前に放流されており、当然、釣り客はこぞって狙うので、なかなかスレた強者状態。

 

何年前だったか、仲間内のレクリエーションで利用した際、渓流で使うテンカラ毛鉤を投げるも、底に沈んだ、大物のレンジまで落とすのは結構大変。

そこで、以前に何となく作った毛鉤がフライボックスに入っていたのを思い出します。

 

オフセットフック(フライフックで言うと#10程度・・かな・・。)にタングステンビーズヘッドを2個セット、ティンセルをぐるぐるに巻いただけの毛鉤。

毛鉤と言うよりミノーをニンフにしたイメージで雑に巻いた様な記憶があります。

tinselnymph

オフセットにビーズヘッドなので、引くと水平になり、シェイクに敏感に反応・・してたりして。       以前の記憶なので、動きまであまり覚えていません・・。

これをハリスにセット。

キャスト。

毛鉤が重いので、カックン、カックン。

こんな時は、毛鉤を振るのでなく、ボールを遠投する様なイメージでキャスト・・と言うのか?説明が難しい・・。

 

とにかく、大物の後方へ落とします。

後方から鼻先を通る様に微妙なシェイクを繰り返しながら、出来るだけスローに引きます。

 

鼻先を通すとニジマスが興味を示して追尾しますが、すぐ、そっぽ向きます。

この後が勝負の時間。

ペースを変えず、アクションを続けると、再度近寄ってきて、軽い感じで”パク”と食い付きます。

その後はフッキングして取り込み。

akutagawa-masu

もう、数年前の出来事。

動きまで、良く覚えてませんが、かなりの閉鎖区画で連日の釣り客。

スレた良型に、まさかの効果あり。

もの凄い毛鉤を作ったのかもしれないと思いながら、渓流シーズン開幕。

 

ネイティブのトラウトには・・全く効果なし・・。

見て、逃げる魚まで・・。

 

それでも、翌シーズン、同じ管釣りでは、釣れてしまう・・。

変な毛鉤の話しでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です