天川村みたらい渓谷で再びミノーイングをする

tenkawamura

釣行可能な渓流が激減するこの季節。

先日、再び奈良県の天川村へ釣行となりました。

 

この時期はレインボートラウトを管理区域内に放流し、自然渓流での釣行を楽しめるこのエリア。

元々は雄大な北米の太い流れを泳ぐ魚(勝手なイメージですが・・。)

なので、日本の渓流に放流すると、アマゴ、イワナとは少し違ったポイントに付くので、この点を意識しての釣行となります。

 

さて、当日は前夜までの雨も止み、体感温度も少し暖かく感じます。

天川村山岳景色

前夜までの雨で山には霞。

漁協で入漁券を購入し、しばし談笑。「今日は夕方から冷えるよ。」と漁協の方々。

16:00までには、入漁券付き腕章を事務所に返す規則なので、釣りが出来るのは15:00頃まで。

夕方からの冷え込みだと、納竿の時間帯までは、暖かいかな?と考えつつ、事務所を後に川沿いに車を走らせ、管理区域最上流部の駐車スペースで車を停めて準備開始。

 

社外に出ると、結構、風が強く肌寒いではありませんか・・。

気温は高いけど、風が恐ろしく冷たい・・。

震えながら、準備をしていると、河川上流のダム管理会社の車が停車。

「前日の雨の影響で放水量を増やしますが、釣りが出来ないレベルではありません。ただ、増水しますので、十分ご注意下さい。」との事。

これはチャンスかも・・。と、ブルブル震えつつあれこれプランを考えます。

 

駐車スペースから下流へ歩き、適当な場所で入渓。

今日もミノーをキャスト。

淵や流れの緩い瀬の魚にシェイク気味のトゥイッチでアピール。

ポロリ、ポロリと拾い釣りです。

 

入渓して10分も経たないうちに、流れが速くなり、水位が上がって行きます。

増水が開始された模様です。

目測50cm程度の増水なので、結構な放水量でしょうか。

水圧も結構きつくなってきました。

天川村河川

増水のおかげでいつもと違う河川の様相です。

この増水につられて魚達も捕食モード。

付場が変化し始めます。

増水に伴い水深も深くなり、魚達も瀬に入り始めます。

 

深くなった瀬に、ややアップクロスで、ドリフトを掛けながらシェイク気味のトゥイッチでアピール。

流速のある瀬に水深が増し、速さと太さを兼ね備えた瀬。

そんな瀬からミノーを引ったくり、暴れるレインボートラウト。

最高です。

 

天川村レインボー1

途中点在する大淵では、シャッドを潜らせ、縦ジャーク。

ここでも、シャッドを引ったくるレインボー達。

流れのあるポイントでは、再びミノー。

少し強めのトゥイッチを入れ、食いきらない魚には、ショートトゥイッチで食わせます。

天川村レインボー3

最後はイワナも飛び出し満喫。

アマゴ、イワナが掛かった場合は速やかに逃がす事。との事ですぐさまリリース。

最上流域まで遡上したので一旦、離渓。昼食です。

 

山飯でも作ろうか?と悩んだものの、釣行時間に制限があるので、お約束のカップ麺。

 

昼からは魚の反応が鈍くなっている模様。

不思議に思いつつ、足下の岩をチェック。

案の定、10cm程水位が低下。

魚も腹を底に付けて安全第一体制。

 

こうなると、なかなか厄介。

トゥイッチで寄せて、見切る前にショートトゥイッチ。

これを繰り返し間合いを詰めさます。

(2号のエギングなんかで子イカを釣る感じ、渓流の釣りとしてはイマイチ面白くない・)

この状況でコツコツと釣果を重ねつつ、時間となり撤収となりました。

 

天川村もそろそろ降雪の時期。

あと何回行けるのでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です