天川村みたらい渓谷にてミノーイングをする

11月も半ばに入った頃の話です。

風邪を引いてしまいました・・。

これは、もう大自然の中、マイナスイオン的なモノを浴びて治す他ありません。

そこで、治療のため、奈良県の天川村漁協さんの御手洗渓谷にある管理釣り場に駆け込む事に。

(ちなみに、おてあらい渓谷では無く、みたらい渓谷と読みます。)

 

各種案内には管理釣り場とされていますが、通常のポンドタイプや金額分放流タイプとは違い、自然渓流内の一部区間を開放し、渓流でのルアー、フライ、テンカラのみ可能な管理釣り場なのです。

対象魚はレインボートラウト。キャッチ&リリースでバーブレスフック使用厳守となっております。

 

当日は、気温急降下週間のただ中で、前夜の冷え込み厳しく、魚の活性が気になるところ。

自分自身の体調はと言いますと、家を出て山道を走った頃から調子が良くなり、漁協事務所に到着した頃はすっかり良くなっておりました。

 

漁協事務所で入漁料を支払い、入漁券入り腕章の受け取り。

事務所の方から情報を仕入れ、渓谷沿いへ車を走らせタックル準備。

天川村紅葉171117

前面紅葉にはまだ早い当日です。

いよいよ、治療の開始です。

朝一は、管理区域下流側、垂直壁と巨岩の間を水が落ち込み、大きなプールを形成しているエリアへ。下流側では一番大きなプールです。

 

魚の群れが目視できますが、レンジ低めで活性低めと言ったところでしょうか・・。

オレンジカラーのシャッドをチョイスしてキャスト。

アップストリームでスローに引くと・・ラインがつんのめった感触。

アワセを入れると魚がグイグイ引っ張ります。

ロッドでいなして35cm程度のレインボーをキャッチ。

その後も、同様に連続でキャッチ。

反応が悪くなってきたので、キャストコースを変えたり、リトリーブスピードを変え、いいテンポで釣り上げて行きます。

30cm~40cm手前程度の魚がアベレージな感じでしょうか。

さすがに、スレで食いが悪くなってきたので、移動。

 

釣れたのは釣れましたが、今のところ、ポンドタイプの管釣りと変わらない釣り方・・。

流れを絡ませたネイティブな釣りをしないと、治療できたとは言えません。

 

ミノーに付け替え、緩瀬や落ち込み周りなど、流れを探るも、無反応。まだ水温は上がりきっていない様子。

天川村渓流171117

そのまま遡上し、流れに絡む淵へミノーをキャスト。

アップストリームでシェイク気味に軽めのトゥイッチ。

流れ絡ませたミノーが一瞬バランスを崩します。その瞬間、魚がミノーを引ったくります。

中々良く走る魚。

上着に絡まったネットにアタフタしつつ、外してランディング。

エメラルドグリーンの背中に淡いピンクの対側。

大淵に居た、色の濃いレインボーとは色合い違います。

天川村レインボートラウト171117

色薄目、斑点無しのレインボー

天川村レインボートラウト2-171117淡い色で綺麗ですが・・斑点が無い。

過去にも・・たまに・・釣った事がある様な気がする無模様の魚。

今まであまり気にならなかったけど。撮影した画像を見直して今更ながらこの人はなぜ無印なのか?気になったので調べてみました。

*突然変異の無模様ニジマスを繁殖させ、「ホウライマス」なる鱒が品種改良で作られ広まっている様子です。

ただ、この魚がホウライマスなのか、定かではありませんが・・。

 

その後は、気温が上昇。魚の活性も上がり、流れに絡む瀬や落ち込みでも魚が反応し始めます。

こうなると、ここからが渓流の楽しみ。

流れに絡めた釣りはホントに面白い。

遡上しながらの拾い釣り。飽きの来ない程度に釣れて満足。

4時には漁協事務所に帰着報告と腕章の返却をしなければいけません。

すかっかり体調も良くなったので、昼過ぎには納竿し帰宅となりました。

 

その後、翌日は倦怠感に鼻水とモロに風邪の症状が悪化・・。

どうやら、釣行時間が短かった模様です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です