岐阜県 揖斐川水系でミノーイングをする

先日の4月後半に岐阜県 揖斐川上流部と坂内川でのアマゴ狙い様子です。

坂内川

まだまだ、寒々しい里山。

この揖斐川水系坂内川。

大阪府から2時間程度。

中部エリアではアクセスが良く頻繁に出向いてしまいます。

 

当日は坂内川に入るも、魚の顔を見る事なく昼食タイム。

焦りながらの昼食です。

 

慌てて済ませた昼食、急いで釣りをと食堂出ると、まさかの雷雨・・。

釣りできる時間が減ってしまう・・。

真昼間の山間の里山で雷雨となると、やる事がありません。

時間潰しに横山ダムを越え、揖斐川本流の上流部へ移動。

 

この揖斐川本流側は、下流に横山ダム、上流には徳山ダムとダム挟まれた、概ね4~5km程度の閉鎖されたエリア。

と言う事で、今まで、気が向かず、見向きもしませんでした。

 

モノは試しと初入渓。

揖斐川上流部

この区間の中程には堰があり、魚道はありません。

なので、流された魚は帰れませんので、魚影は下流側が豊富と判断。

しかも、最下流は横山ダム。時期的に当たれば良型がでるかも。

(ちなみに、堰上下流付は釣り禁止。残念・・。)

 

テンカラからスピニングタックルに持ち替え、午後の部開始であります。

 

瀬を越え1つ目のプール、ミノーに出たアマゴは身をくねらせてフックアウト。

これが二連続・・。

 

気を取り直してキャストを繰り返し、数投目。

ミノー後方、微かに魚影。

反転の瞬間に白く光り、尾鰭の端が黒い。

チェイスのあった、コースを執拗に狙いますが、反応無で移動。

 

更に上のプールに移動。

下流側からプールを観察。

プールのインレット側、キャストポジションへ、迂回気味に移動。

 

インレット、落ち込みの肩へキャスト開始。

トレースコースに少しづつ変えながらの投目。

アピールのために、トゥイッチしたロッドがツンのめり、すぐさま、フッキング。

 

一瞬ジジっと、ドラグが鳴ります。

50mmシンキングミノーを銜えているのは、銀色のランドロックサツキマス。

予想が当り、魚が出てしまいました。

 

バラシを恐れてアタフタしつつも何とかネットイン。

揖斐川ランドロックサツキマス

サツキマス

精悍な顔つき。久々に手が震えた瞬間。

同行者と2人で写真を撮り、当日は終了。

期待を裏切らない揖斐川水系、これからの季節はテンカラも期待大です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です